教育ICT

MDM管理運用代行

学校運用ルールに違反している端末を検知し、レポートをとりまとめ、各種対応策を実行いたします

タブレットPCの管理運用代行いたします

タブレットPCを教育現場に導入すると、事前に想定した課題以外にもいろいろとトラブルが発生します。

例えば…

タブレットPCの画面ロックを解除するパスワードを忘れてしまった

学校向けに構成したタブレットPCの構成が初期化されてしまった

急遽学習アプリを複数台数にインストールしたいが時間と手間がかけられない

といったように、学習用教具として導入したタブレットPCがいざという時に活用できないトラブルが発生します。

当社で運用代行を行うMDM(モバイルデバイスマネジメント)というシステムを活用しますと、タブレットPCが
インターネット接続になっていることが前提ではありますが、上記に示したトラブルが発生した場合に、遠隔地
からでもトラブル対応が可能になります。

運用代行の主なサービスは以下の通りです。

教育機関が指定する内容にてタブレットPC初期設定

タブレットPC運用開始以降の設定内容変更

トラブル発生時の遠隔対応

運用代行実施内容レポート提出

学習者インストール済みアプリ一覧提出

遠隔対応で解決できないタブレットPCのセンドバック、オンサイト対応

ページ上部へ