第二営業部
S.E

Interview.06

多彩な商材でニーズに合ったご提案を。

私の担当は、大学を対象とした営業です。提案する商材は多岐に渡り、音響設備やプロジェクター、パソコン、プリンター、マイクなどの備品を含めると膨大な数になります。営業は1日5件ほどのキャンパスを訪問し、先生とのコミュニケーションを通して最適な機器をご提案できるようニーズを伺っていきます。必要があれば、ちょっとした修理などにも対応します。春先には新しい先生とお会いすることも多くなるため、世間話をして距離を縮めるなど、円滑なコミュニケーションができるよう日頃から心がけています。困った時に声をかけてもらえる関係を築くことも、営業として大切な要素です。

インタビュー風景

初めての大きなトラブル、支えてくれた先輩社員。

入社して1年目の終わりごろに、私は新機器導入にあたり大工事を伴う案件を担当していました。ところが、施工してみると設定した機器が全く動かず、何度試しても反応はなし。大慌てで先輩に電話をしてアドバイスをいただきながら、その場をなんとか収めることができました。その日は帰社時刻が夜10時くらいになってしまったんです。疲れてオフィスに戻ると、そこには先輩が待っていてくれました。今も、あのあたたかい気持ちは忘れません。困っている人がいたら助ける、そんな社風のもと、頼れる先輩や上司の方がいらっしゃるので安心感があり、様々なことに挑戦し続けるモチベーションが保てます。

インタビュー風景

得意分野に磨きをかけ、スペシャリストを目指したい。

教育産業の魅力は、自分の「得意」や「好き」を磨き、生かせるところだと思います。私はスマホやタブレットなどのガジェット製品が本当に好きで、その知識をもっと深めていき、社内一のスペシャリストとして認められたいと考えています。そういった目標を持てるのも、自由に挑戦させてもらえる会社だからだと思います。もし進路に迷っている方がいらっしゃれば、ぜひ教育産業も視野に入れてみてください。自分なりのワークスタイルを見つけながら、個性を輝かせていける環境があると思います。

インタビュー風景

1日のスケジュール

09:00
出社
メールチェックやお客様のアポイント
10:30
納品、設定作業
・パソコン販売および現地での初期設定
・プリンター設置
12:30
昼食
13:00
提案
・アクティブラーニングシステム提案
・新商材の売込み
15:00
修理
・プロジェクターランプ交換
・ワイヤレスマイク不具合確認
・パソコンフリーズ対応
16:00
帰社
・翌日のアポイント確認
・見積作成(外出中に頼まれた商品や修理でかかった金額など)
・講義室のリニューアル提案書作成
・メール返信
・日報作成
18:00
退社

その他のインタビュー