会議室

見やすく聴きとりやすい、操作も優しい環境で集中できる空間へ

プレゼンテーションや意見交換、意思決定など、会議はビジネスにおいて重要な場です。
そこで会議室では見やすさ、聴きとりやすさに配慮し、いかに集中できる環境を作るかが大切です。
また、限られた時間や様々な人による機器の操作も想定される会議では
使いやすさも意識したい大きなポイントになります。

集中できる会議室の基本ポイント

POINT
01

煩雑な操作はトラブルの元
タッチパネルでシンプルに

システムの本体機器を直接操作するとなるとどうしても煩雑になってしまいがち。わかりづらく難しい操作は会議の進行を妨げてしまう原因に。タッチパネルなら直感的な操作ができ、使うメニューのみ表示させることも可能です。

POINT
02

プロセッサー型ミキサーで
ストレスフリーの音環境へ

音響機器に関していえばつまみやスライダーがたくさんついているアナログミキサーは操作が煩雑になりがち。プロセッサー型ミキサーならタッチパネルでの操作も可能となり、音の調整も簡単に。誰でも使いやすい操作環境が叶えられます。

さらに情報セキュリティの向上がカギに

情報漏洩対策に不可欠な
デジタルワイヤレスマイク

ビジネス戦略や企業の信用においても情報セキュリティの重要性はますます高まっています。重要な打ち合わせが行われる会議室ではマイクの混信や外部からの盗聴による“情報漏れ”にも注意が必要です。そこで基本的な対策としておさえておきたいのがワイヤレスマイクの選び方。入力された音の波形をそのまま電波に乗せるアナログワイヤレスマイクは外部で音を拾いやすく、セキュリティ面で不安があります。対して入力された音が信号に変換されて電波に乗るデジタルワイヤレスマイクなら混信や盗聴にも強いので安心です。

納入事例

製品、サービスに関するお問い合わせは、こちらよりご連絡ください。 お問い合わせフォーム