教育ICT

機器の導入からスムーズな活用まで一貫してサポート

教育ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)とは
タブレットや電子黒板など、デジタル技術全般を教育に活用することです。
今、学校教育で急速に進んでいる教育ICTの環境の整備。
機器の導入だけでなく、その後の活用についても重要なポイントになります。

教育ICT機器の主な種類

電子黒板

従来の黒板機能に印刷やデータの取り込み、保存機能などをもたせた黒板です。表示した資料を大きく映したり、映し出した画面に電子ペンで書き込みしたりすることもできます。

タブレット端末

持ち運びが簡単で気軽に使え、多くの教育現場で導入されています。子どもたちが教え合って学べる協働学習をはじめ、課外授業、調べ学習など様々な場面で活躍します。

短焦点プロジェクター

焦点距離が短くても大画面で投影できるプロジェクターの普及が進んでいます。特に教室の黒板をスクリーンとして利用する設置型単焦点プロジェクターは、黒板との併用で今までにない授業を行うことができます。インタラクティブ機能を利用すれば電子黒板と同様の使い方も可能になり、生徒により伝わる授業が行えます。

書画カメラ

平らな紙の資料だけではなく立体物も撮影でき、スクリーンやディスプレイに拡大して投影できる装置です。資料の共有、実験の学習などで活躍します。

スムーズな活用をサポートする導入支援サービス

機器の使い方から授業や環境整備の支援まで
業務の不安や負担を軽減して有効な活用へ

「使い方がよくわからない」「授業を一人で進めるのには不安がある」など、ICT機器を使い慣れない先生の悩みを解消するのが導入支援のサービスです。研修でのサポートや授業支援、環境整備支援などあらゆる活用場面で支援するICT支援員サービスなど、様々な導入支援の方法があります。

納入事例

製品、サービスに関するお問い合わせは、こちらよりご連絡ください。 お問い合わせフォーム