豊橋営業所
S.H

Interview.01

「この仕事を選んで良かった」と、胸を張って言える。

就職活動の際、主に二つの軸を大切にしていました。1つは、音響設備を扱う仕事であるということ。というのも、学生の頃に趣味で行っていた音楽に、社会人になっても携わり続けたいと思っていたからです。また、もう1つは、子ども達に関わりのある仕事をしたいということです。自身の仕事が次世代を担う子ども達に影響を与える。これに勝るやりがいは無いと思い、形を問わず子ども達に接点のある仕事を探していました。
教育産業は、まさにこれらの動機にマッチした会社でした。導入した機器を確認するために小中学校を訪れる機会があるのですが、授業を受ける子ども達の姿を目にする度に「この仕事を選んで良かった」と初心に帰ることができています。

インタビュー風景

幅広い選択肢からご提案できるのが、当社ならではの醍醐味。

1つのメーカーに縛られることなく、幅広いご提案をできるのが当社の強みであり、私自身営業として非常にやりやすさを感じている点です。その分、お客様が求める製品の比較表を作成し、各製品の優れている点とそうではない点をきちんと説明するよう心掛けています。そういった取り組みの成果であるかは分かりませんが、過去にある小学校へご提案した単焦点プロジェクターが、その周辺の地域の小中学校へ広まっていったこともありました。
自身が心からオススメしたい製品をご提案できる。当社は営業としてとても働きやすく、やりがいを感じられる職場だと思います。

インタビュー風景

今だからこそ実現したい夢。

入社をした頃は上司が築き上げてくれた中での関係性がほとんどでしたが、東三河を任される様になってからは関係づくりから始めることも増えてきました。今の自分だからこそ挑戦できることもあると思います。
例えば以前、ライブが行われるような大規模なホールに、音響設備を一式導入したことがありました。まさに私が目標としていた仕事だったのですが、当時はまだ主担当を任せてもらえる立場ではありませんでした。あの時から私の目標は変わっていません。いつかとは言わずに、近いうちに必ずやり遂げたいと思います。

インタビュー風景

1日のスケジュール

09:00
出社
メールチェック、スケジュール確認など
10:00
電話応対・アポ取り
見積書や提案書などの書類作成
12:20
昼食
14:00
大学を訪問
・講義室での機材トラブル対応
・案件の進行状況を確認
15:30
小中学校を訪問
工事を予定している現場の下見を職人と行う
16:30
市役所を訪問
・教育委員会にて工事の書類提出
・提案中の案件についての打ち合わせ
17:40
協力業者と打ち合わせ
作業費や工期、作業内容、部材などの打ち合わせ
18:30
帰社
・メールチェック、FAX処理、納品時に出たゴミの片づけなど
・社内日報の入力
19:00
退社

その他のインタビュー