議場運営の効率を大幅アップ
開かれた議場を目指しリニューアル実施

刈谷市役所にて実施された議場設備のリニューアル工事。
最先端の議場システムと大型ディスプレイを導入で開かれた議場の実現へ。

刈谷市役所様

ソリューション
議場システム

導入背景

高まるシステム運用への不安と
設備の旧式化に伴い更新へ

2010年に現庁舎を新設された刈谷市役所様。その9階フロアに議場があります。設備の稼働から10年近く経過し、課題に挙がっていたのが設備の旧式化です。とくにシステムのサポート面では早急な対応が必要となっており、更新を図ることに。刈谷市役所様にて各社システムのデモや近隣の自治体へ視察等も行った上で検討を重ね、議場システムを選定。その後、入札を経て当社が納入工事を担当しました。

提案のポイント

運用後も見据えながら
最適な施工方法を提案・実施

刈谷市役所様が選んだシステムは、共信コミュニケーションズの「タッチ議会中継システム」。PCレスでの運用とタッチパネルでの簡単なオペレーションが特徴です。優れたカメラワークもポイントで、本案件が愛知県初の導入となりました。正面に設置した98インチのディスプレイは、県内最大サイズ。設置作業の際は、運用後のメンテナンスや修理等の可能性も考慮し、滑車を使って昇降できる仕組みを当社から提案しました。質問机の袖卓も重厚な場の雰囲気を損なわないようデザイン、材質に気を配りながら特注で製作しています。作業期間は約1ヶ月。限られた時間の中で適切かつ円滑に作業が進むよう提案しながら実施しました。

議場正面の98インチディスプレイ|イメージ
議場正面の98インチディスプレイ
タッチ議会中継システム|イメージ
タッチ議会中継システム
質感にもこだわった袖卓|イメージ
質感にもこだわった袖卓
多操作を簡単に実施|イメージ
多操作を簡単に実施

お客様の声

楽しくプロジェクトを実現
操作の簡略化で運営もスムーズに

「タッチ議会中継システム」の導入で様々なメリットを感じています。最も大きな効果は、システム操作に関わる人数を大幅に減らせたこと。以前はマイク、タイムキーパー、テロップ、記録経過、カメラの各操作で5名必要でした。本会議が始まると事務局内が非常に手薄になり、対応に苦慮していた部分があります。今は2名で全操作を行えるので、業務が円滑に回っています。本会議中は突発的な出来事もあり、緊急対応が必要になることも。それに備えられるようになったのは、非常に大きいですね。工事の際は“無茶かな”と思う相談をたくさんしましたが、「無理」と言われたことが一度もなく、期待以上のものが返ってくる感じでした。とくに98インチのディスプレイ設置の仕組みは、素晴らしいアイデア。設置されたときは、感動してしまいました。細やかなヒアリングやコミュニケーション、こちらが気づかないことを先回りしてアドバイスしてくれたこともいろいろあります。チームワークの良さも印象に残っています。安心してお任せでき、私たちも楽しく実現できたプロジェクトになりました。

傍聴席にもディスプレイを設置|イメージ
傍聴席にもディスプレイを設置
ネットワークカメラ|イメージ
ネットワークカメラ

お客様ご紹介

刈谷市役所
議会事務局 議事課
課長補佐兼議事係長 酒井隆様
主任主査 泊浩之様

愛知県のほぼ中央に位置する刈谷市。城下町として栄えた歴史・文化を持ち、現在は自動車関連企業の工場が並ぶ産業都市として発展。天然記念物のカキツバタ群落をはじめ、自然環境にも恵まれており、刈谷ハイウェイオアシスは全国有数の来客数で知られています。市役所9階フロアの議会事務局では「開かれた議会」を目指し、円滑な議場運営を中心に議会活動のサポートを行っています。

納入システム概要

コンセプト

「単にシステムの更新ではなく、傍聴者にも見やすく、わかりやすく、また来たくなるような議場を目指した」と想いを持ってプロジェクトに取り組まれた刈谷市役所様。今回の議場づくりでは、市民の声も反映されているとのことです。

導入機器

  • ・タッチ議会中継システム
  • ・ディスプレイ(98インチ・65インチ・49インチ)
  • ・ネットワークカメラ
  • ・スピーカー
  • ・袖卓

その他納入事例

製品、サービスに関するお問い合わせは、こちらよりご連絡ください。 お問い合わせフォーム