天吊4面スクリーンで臨場感溢れる
大迫力の映像演出を実現

豊橋を本拠地に活動するプロバスケチーム
三遠ネオフェニックスのホームゲームアリーナに採用

株式会社 フェニックス様

ソリューション
アリーナ映像システム(プロジェクター/スクリーン/タイマー表示、他)

導入背景

映像演出効果を高め
誰もが楽しめる空間に

フェニックス様からのご要望は、会場演出の向上を目的に、これまで自立型240インチスクリーンに映していた得点や映像を天吊型スクリーンに映したいということでした。採用に伴い、長距離から照度を保つ大型プロジェクターの導入が不可欠となり、同時に効果的な演出を実現するための機材も導入されました。

提案のポイント

どこからでも見やすくPR効果も
トラブルの発生しにくい
安心の映像システムを設計・提案

天吊スクリーンは視野角を考慮し、各面に傾斜角度をつ けてどの位置からでも見やすいスクリーンを提案。各面の下枠に取り外し可能なバナーの設置や底面も活用することでPR効果の高いスクリーンに。また常設の大型プロジェクターは複数の機種を比較検討し、実際の場所でお客様を交えながらテストを行っています。映写機材で重要な中距離配線はHDMIケーブルを選び、天井裏に設置。中継機を減らすことでトラブルの発生しにくいシステムを提案・設計しました。

4面天吊スクリーン|イメージ
4面天吊スクリーン
タイマー表示板|イメージ
タイマー表示板
大型プロジェクター|イメージ
大型プロジェクター
映像機器(ローランド)|イメージ
映像機器(ローランド)

納入を終えて

思いどおりの4面スクリーンで
映像演出のクオリティがアップ!

今回スクリーンの導入に際し、色々な要求をしました。一番は見やすさをこだわりました。バスケットボールのゲームは明るい場所で行なうので、プロジェクターの照度が弱いと、スクリーンが暗くなって見づらくなります。しかし、高価なプロジェクターでは予算に合わないことや既存のアナログ機材を使うことなども考えてご提案いただきました。導入前にも色々提案いただき、こちらが納得するものを導入することが出来ました。また導入後もトラブルの度に連絡をさせていただき、その都度敏速に対応していただき、感謝するばかりです。バスケットボール会場の質感を高めることが出来る4面天吊りスクリーンは、我々のファーストステップ。今後も良きパートナーとして素晴らしいご提案をいただきたいです。

豊橋市総合体育館|イメージ
豊橋市総合体育館
得点板中央にはPinPで演出映像を挿入|イメージ
得点板中央にはPinPで演出映像を挿入
フェニックス浜武社長と握手する豊橋営業所杉浦所長|イメージ
フェニックス浜武社長と握手する
豊橋営業所杉浦所長

お客様ご紹介

株式会社フェニックス
代表取締役社長 浜武 恭生(右)
営業部長    工藤  雄(左)

愛知県東三河地区と静岡県浜松市からなる「三遠地区」をホームタウンにするBリーグチーム『三遠ネオフェニックス』を運営。「フェニックスドリームアリーナ」をコンセプトに各体育館でホームゲームを開催。

納入システム概要

コンセプト

東西南北のどこからでも見渡せる情報と、ライブ感を大切にした映像演出がコンセプトです。天吊スクリーンの効果で試合のスピード感やプレーの迫力をより近くに感じられる空間に。タイマークロックは選手目線でシンプルに。

導入機器

  • ・レーザー光源 DLP方式プロジェクター
  • ・HDMI同軸受信機
  • ・HDMI同軸送信機
  • ・スキャンコンバーター
  • ・タイマー専用取り付け金具

その他納入事例

製品、サービスに関するお問い合わせは、こちらよりご連絡ください。 お問い合わせフォーム