新設キャンパスで91の大小講義室に導入
安定運用と使い勝手に優れた設備を実現

静岡県最大規模の総合大学であり、地域を支える多様な人材を育成している常葉大学。
今回は新キャンパスの開設に伴うAV設備の導入をお手伝いしました。

常葉大学静岡草薙キャンパス様

ソリューション
講義室AV設備

導入背景

地域に開かれた
都市型キャンパスを新設

「GLOCAL KNOWLEDGE(グローカルナレッジ)」をコンセプトに、地域連携や世界に視野を広げた活動の拠点として誕生した常葉大学静岡草薙キャンパス様。約43,000㎡の広大な敷地にA〜Dの4棟が並び、教育学部をはじめとする5学部と短期大学部、大学院が属しています。新設である本件では91ある全講義室を担当。約2年の建設工事を経て2018年2月中旬より導入作業を開始。約1ヶ月半での施工となりました。

提案のポイント

最適通信システムの提案採用で
安定した運用を目指す

設備の安定した運用に重点を置いて提案したのが、パナソニックの通信システム「DIGITAL LINK(デジタルリンク)」です。こちらは映像・音声・制御信号をLANケーブル1本で長距離伝送できるのが大きなポイントです。シンプルな配線でトラブルが起こりにくく、送信機や受信機を追加して取り付ける必要もないため、他商品に比べて導入コストを最小限に抑えられます。また、講義室は複数の教員が使用します。さらに常葉大学様は4キャンパスに加えて多数の教育施設を運営しており、職員が施設を移動することもあります。そこでスイッチャーに関しては特注の操作スイッチを作成し、誰が使っても簡単に操作ができる環境にしました。

約400席から約20席の講義室まで|イメージ
約400席から約20席の講義室まで
シンプル操作で切り替え可能|イメージ
シンプル操作で切り替え可能
プロジェクター|イメージ
プロジェクター
ワイヤレスマイク|イメージ
ワイヤレスマイク

お客様の声

短期間施工へのスムーズな対応と
手間のかからない設備に感謝

教育産業には、当法人に長く携わってもらっており、こちらがニーズを細かく説明しなくても理解してもらえる関係。大きな信頼を寄せています。当キャンパスの施工にあたっては、新設で当初は建物の雰囲気もわからなかったため、相談を重ねながら必要機器のサイズや数量を決めていきました。建物の引渡しから開設まで作業猶予は約1カ月半。間に合って良かったというのが率直な感想です。建設会社との打ち合わせを含め、様々な面で苦心していただき、スムーズに作業を進められて感謝しています。すべての講義室で操作手順を統一できたことも良かった点です。標準のスイッチャーでは「ユーザーに対して優しくないから」と予算を気にしながらも特注のものを用意してくれました。ボタン一つで操作できるため、違う講義室を使っても教員から問い合わせが入ることはほぼありません。マイクもデジタル化したことで自動でペアリングでき、混信の心配も無用に。使い勝手が良く、管理する側にとっても手間がかからない設備になっています。

施設概要:4つの棟とアリーナで構成される|イメージ
施設概要:4つの棟とアリーナで構成される
モダンな空間が広がる都市型キャンパス|イメージ
モダンな空間が広がる都市型キャンパス

お客様ご紹介

常葉大学 静岡草薙キャンパス
庶務課 情報システム担当 山本高資様

10学部19学科を展開する静岡県最大規模の総合大学。「知徳兼備」「未来志向」「地域貢献」の3つを教育理念に掲げており、静岡市と浜松市に構える4つのキャンパスにて、現在約7600人の学生が学んでいます。静岡草薙キャンパスは、2018年4月に開設。常葉大学のフラッグシップキャンパスとして最多学部が所属し、「開かれた知と地の拠点」として機能しています。

納入システム概要

コンセプト

「使い勝手の良さと故障が起こりにくさ」をポイントに仕様を組みました。100近くの数を約1ヶ月半の短期間でこなすことから当社技術部と連携して動作検証を事前に十分に行い、ラック組込み作業も搬入前にすべて終了させるなど段取りと効率性を重視しました。

導入機器

  • ・DIGITAL LINK
  • ・スクリーン
  • ・ディスプレイ
  • ・プロジェクター
  • ・スピーカー
  • ・ワイヤレスマイク

その他納入事例

製品、サービスに関するお問い合わせは、こちらよりご連絡ください。 お問い合わせフォーム